プレミアムウォーターとノルマなしウォーターサーバーはどっちがお得?

プレミアムウォーターの購入ノルマ

 

  • プレミアムウォーターを使いたいけどノルマが嫌だ!
  • ノルマのないウォーターサーバーにしようかな?
  • ノルマの有る・無しはどっちがいいの?
  • 赤ちゃんのミルクでノルマは消費できる?

 

プレミアムウォーターはノルマがあるウォーターサーバーなので、申し込む前にお宅での消費量を計算しておくことは重要です。

 

特に赤ちゃんの育児用に申し込むつもりなら水の使用量は未知数ですからね。

 

 

「使い切れるだろう」という思い込みだけで始めると、ストックばかりが溜まっていく状況に陥ってしまうことも。

 

 

それならノルマがないウォーターサーバーは問題ないと考えがちですが、ノルマがなければ万事OKということではありません。

 

 

 

それぞれのメリット・デメリットを知っておきましょう。


 

 

そこでこの記事では、プレミアムウォーターとノルマのないウォーターサーバーを徹底的に比較しました。

 

また育児に使用する際に、どのくらいの消費量になるかも目安でまとめています。

 

 

この記事を参考にしてウォーターサーバーを選べば、ムダな支出をすることなく使い勝手のいいウォーターサーバーを選べます

 

あなたのベストを選択できるよう、じっくり読んでみてください。

 

 

 

 

プレミアムウォーターのノルマは月に何本?

 

プレミアムウォーターは2本(24リットル)で定期配送されます。

 

 

配送周期は、次の4つのパターンから選べます。

 

  1. 毎週1回
  2. 2週に1回
  3. 3週に1回
  4. 4週に1回

 

つまり最長の4週間に24リットルがプレミアムウォーターのノルマです。

 

 

配送は曜日・時間指定OK

 

プレミアムウォーターの定期配送は曜日と時間帯を指定できます。

 

  • 曜日指定:月曜・火曜・水曜・木曜・金曜・土曜・日曜
  • 時間指定:指定なし・午前中・14〜16時・16時〜18時・18時〜21時

 

都合のいいタイミングに合わせられます。

 

また、配送日や周期の変更、追加注文なども後からアプリ・マイページで簡単に変更可能です。

 

受け取りやすい仕組みはプレミアムウォーターの強みです。

 

 

24リットルを28日(4週間)で割ると、

 

24÷28=0.85714…

 

1日あたり約860ml。

 

 

コップ1杯が約200〜250mlですから、1日にコップ4杯分の水やコーヒーを飲めばノルマ達成できる量です。

 

 

 

ノルマのある他社ウォーターサーバー

 

プレミアムウォーターを含め、天然水のウォーターサーバーはノルマがあります。

 

他社のノルマと料金も見てみましょう。

 

 

【ウォーターサーバーのノルマ】

サーバー 水の量 配送間隔(ノルマ) 料金
プレミアムウォーター 2本/24L 4週間 4,233円
フレシャス 4パック/28.8L 4週間 4,992円
コスモウォーター 2本/24L 1ヶ月 4,104円
うるのん 2本/24L 4週間 4,100円
Kirala(キララ) 4パック/28.8L 1ヶ月 5,500円

※税込み表示

 

 

天然水ウォーターサーバーはワンウェイ方式で、月々の最低利用本数が決められています。

 

都度注文が不要で定期的に届くのがメリットですが、消費が少ないと在庫ばかりがたまる可能性がありますね。

 

 

ノルマが重しになるので、この点でウォーターサーバーの申し込みを迷う人が多いです。

 

 

では、ノルマのないウォーターサーバーにした方がいいのか、メリットとデメリットを見てみましょう。

 

 

 

ノルマのないウォーターサーバーのメリット・デメリット

 

ウォーターサーバーは使いたいけど、

 

 

 

どうしてもノルマが嫌なのよね・・


 

 

という方は、ノルマのないウォーターサーバーに魅力を感じますよね。

 

 

【ノルマのないウォーターサーバー】

サーバー 水の量 配送期間(ノルマ) 料金
アクアクララ 2本/24L なし 2,640円
アルピナウォーター 2本/24L なし 2,310円
ハワイアンウォーター 2本/24L なし 3,960円

※税込み表示

 

 

これらのメーカーなら、ノルマなく水を飲むことができます。

 

好きなときに注文できるのは一番のメリットです。

 

 

また、RO水なので天然水より安いのも魅力です。

 

 

デメリットは、注文しないと水が届かないので水切れになる可能性があること。

 

 

大人だけならガマンできますが、赤ちゃんのミルクに使用するならストックが無くなるのは非常に困る事態です。

 

注文してもすぐに届かずに数日後になるので、忙しい育児の最中でも残水のチェックを忘れないようにしないといけません。

 

 

常に余分なストックをしておけば水切れを回避できますが、その代わり保管スペースが占有されるのも悩みのタネ。

 

ボトルの返却が必要になるため、水の入ったボトルと空ボトルの保管スペースの確保がいるのもデメリットです。

 

 

 

ノルマありとなしのどちらを選ぶ?

 

どちらのウォーターサーバーを選ぶかは、最終的にはあなたの好みになります。

 

ただノルマが気になるなら、水の消費ができるかどうかは知っておきましょう。

 

 

プレミアムウォーターのように24リットルなら、1日あたり約860mlがノルマです。

 

 

これをミルクの調乳で計算してみます。

 

月齢ごとのミルクの量は下記の表を参考にしてください。

 

 

1日あたりのミルクの量

(引用:明治「赤ちゃんに必要なミルクの量を知ろう」

 

 

上記の表から算出した1日あたりのミルクの量は次の通りです。

 

月齢 1日のミルクの量
〜1/2ヶ月 560ml
1/2〜1ヶ月 560〜840ml
1〜2ヶ月 720〜960ml
2〜3ヶ月 720〜960ml
3〜5ヶ月 1000ml
5〜7ヶ月 1000ml
7〜9ヶ月 1000ml
9〜12ヶ月 1000ml

 

 

生まれてすぐはミルクだけでは消費しきれませんが、2〜3ヶ月頃からは4週間に1回のお届けでは足りなくなりますね。

 

最初の3ヶ月くらいはストックしておいて、水が足りなくなってきたらお届け周期を変えるといいでしょう。

 

 

つまり、育児にだけ使うと考えてもプレミアムウォーターのノルマは達成することがわかります。

 

 

注文が増えると支払いが増えるのでは?

ノルマのあり・なしに関わらず、水を注文するたびに料金が発生します。

 

プレミアムウォーターは末日締めなので、1〜末日に注文した分の請求が翌月26日(口座振替の場合)に引き落としになります。

 

その月の注文数によるので、必ずしも毎月の支払いが増える訳ではありません。

 

また、水代がずっと22%オフで購入できるマムクラブというプランもあるので、子育て中ならチェックしておいて損はありません。

 

マムクラブを解説した記事を見る⇒

 

 

 

 

ちょっと待って!完全ミルクじゃないと損するってこと?


 

 

母乳とミルクの混合で育てるなら水の使用量は少なくなります。

 

もし半分しか水を使わないならプレミアムウォーターのノルマがきつくなりますよね。

 

 

水が余ったらどうするの?

プレミアムウォーターで水が余った場合は、スキップ(休止)できます。

 

最長60日まではペナルティなしで休止できるので、ノルマが半分になるイメージです。

 

具体的なスキップのやり方はこちら⇒

 

 

ちなみにあまり水を飲まない家庭でも、プレミアムウォーターを申し込むとよく水を飲むようになります。

 

 

 

 

自然と飲んでいるので、ノルマはそこまで気にしなくても大丈夫ですよ。

 

 

それでもノルマのないRO水の方が安いので、プレミアムウォーターと迷っているかもしれませんね。

 

料金メリットはRO水よりも少なくても、子育てならプレミアムウォーターの方がおススメです。

 

 

 

子育てにはプレミアムウォーターがイチ押しな理由

 

プレミアムウォーターは育児にぴったりなウォーターサーバーです。

 

ノルマのないウォーターサーバー(RO水)との違いを説明します。

 

 

ボトル内に空気が入りにくく衛生的

 

ノルマのないウォーターサーバーはリターナブルという再利用ボトルを使っています。

 

 

リターナブルボトル

 

 

環境にやさしいボトルですが、水を使うたびにボコボコとボトル内に空気が入るので、空気中に含まれる雑菌が繁殖する可能性があります。

 

 

プレミアムウォーターは水を抽出するとともに、ボトルが凹んでいくので空気が入りにくい構造になっています。

 

最後まで衛生的な水をサーバーに供給できます。

 

 

 

ボトルが廃棄できる

 

リターナブルボトルは返却しないといけないため、交換するまで保管する必要があります。

 

つまり、保管スペースが2倍いるということ。

 

 

プレミアムウォーターはボトルが空になったらペットボトルとして捨てられるので、保管スペースが最小限で済みます。

 

ボトルがつぶせる

 

 

サーバーが衛生的

 

ノルマのないウォーターサーバーは水を温水と冷水にするだけです。

 

サーバー内部はキレイであるという前提。

 

長く使っていくとサーバー内の衛生面に不安がありますよね。

 

 

プレミアムウォーターにはタンク内を加熱クリーンするサーバーがあり、ミルクを作る時にも清潔に使えます。

 

 

育児に使うために、衛生面や使い勝手がいいのがプレミアムウォーターです。

 

 

ただ、、、

 

 

そうは言ってもやっぱり料金的にはノルマなしウォーターサーバーの方が安いです。

 

 

 

家計に負担をかけないのはノルマのないRO水なのね。


 

 

RO水は原水にこだわらずにフィルターを通して作ることが出来るので、安い料金で提供できます。

 

 

プレミアムウォーターは採水地にこだわった天然水なので、コストがかかっています。

 

そのため水代はどうしても高くなります。

 

 

ただ、子育てでプレミアムウォーターを使うなら、マムクラブというママ専用プランで水代が22%も安くなります。

 

 

プラン 水の量 料金
マムクラブ 24リットル 3,283円
RO水(アクアクララ) 24リットル 2,640円

 

 

とはいえ、専用プランで安くなってもまだまだRO水の方が安いですね。

 

 

ただ、RO水のウォーターサーバーは温水と冷水にするだけです。

 

サーバーは2〜3年に1回のメンテナンスがあるのみなので衛生面に不安が残ります。

 

 

プレミアムウォーターはタンク内を加熱クリーンするので、常に衛生的に使えます。

 

温水・冷水が瞬時に出ますし、常に清潔なミルクを作れるのがプレミアムウォーターです。

 

 

プレミアムウォーターもボトル交換などの手間がかかるんじゃないの?

ボトル下置きサーバーがあるので、ママでも簡単に交換できます。

 

パパがいなくても水切れの不安はなくなりますね。

 

 

水を使いきれなかったらどうすればいいの?

プレミアムウォーターではスキップが使えるので、最長60日は配送をストップすることが出来ます。

 

60日以内であればペナルティは発生しませんので、ノルマを半分にするようなイメージです。

 

 

 

追記 ウォーターサーバーを使っていない方へ

 

子育てに使うつもりなら、今すぐ始めた方が良いです。

 

妊娠中であっても、育児中であっても、赤ちゃんはドンドン成長しています。

 

清潔な水で作ったミルク、白湯や麦茶、離乳食など、ウォーターサーバーは子育てが楽になるアイテムです。

 

 

ぶっちゃけ、ノルマのある・なしはあなたの好みです。

 

  • 水が消費できそうだったら、プレミアムウォーター
  • 水が余りそうだったら、ノルマのないウォーターサーバー

 

そんな選び方でもOK!

 

 

ウォーターサーバーを使えば赤ちゃんと触れ合う時間も増やせます。

 

迷っていても赤ちゃんの成長は止まりません。

 

 

大切なわが子の成長に少しでも良いものを使っている人だけが、笑顔と笑い声の満ちた生活を手にすることが出来るのです。

 

申し込みなんて3分でできるので、まずは公式サイトでより詳しい情報をチェックしてみてください。

 

たった3分のアクションであなたの家族の生活が素晴らしいものに変わりますよ。

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加