プレミアムウォーターは使い方ひとつで電気代を抑えられる!

プレミアムウォーターの電気代を抑えるコツ

 

 

プレミアムウォーターは24時間稼働するウォーターサーバーなので、電気代がどのくらいかかるか気になるんじゃないでしょうか?

 

 

ずっと付けっぱなしなので、1円でも安い方がいいですよね。

 

 

 

 

 

ただ、公式サイトに載っている電気代だけを見比べても不十分なんです。

 

 

 

 

というのも、ウォーターサーバーは使い方ひとつでムダな電力がかかる場合があるからです。

 

 

 

 

 

余計な電気代は払いたくないな・・・


 

 

 

安心してください。

 

 

こまめなオン・オフのような面倒な使い方をしなくても節約することは可能です。

 

 

 

 

プレミアムウォーターの電気代を安く済ませるには、3つのポイントを抑えるだけでOKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレミアムウォーターの電気代はサーバーの機種で異なる

プレミアムウォーターのサーバー

 

 

電気代を抑えるポイント解説の前に、まずはサーバーの電気代がいくら位なのか見てみましょう。

 

 

 

 

プレミアムウォーターのサーバーは温水・冷水機能のほかに、機種によって仕様が異なります。

 

 

省エネモードやクリーン機能搭載など、用途に応じて選択できるようになっているんです。

 

 

 

 

仕様が違うということは、電気代も違うということ。

 

 

 

 

1ヶ月にすると数百円くらいとしても、年間にすると数千円の違いになりますから少しでも安く抑えたいですよね。

 

 

 

 

 

プレミアムウォーターのサーバーごとの電気代を比較してみます。

 

 

 

【プレミアムウォーター 1ヶ月の電気代】

サーバー 通常時 エコモード使用時
スリムサーバーV 約770円 約620円
amadana スタンダードサーバー 約1,100円
cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー 約770円 約620円
amadanaウォーターサーバー 約980円

 

 

 

スリムサーバーVとamadana スタンダードサーバーでは1ヶ月に480円の差があります。

 

 

 

1年にすると5,760円ですから、ボトル3本分くらいの差になる計算。

 

 

 

普通に使う電気代だけで3本分となると大きいですよね?

 

 

 

 

 

ただし、せっかくの低電力であっても、使い方次第でムダに電気代がかかることもあるので注意が必要なんです。

 

 

 

不要な電気代を支払わなくていいように、次の3つのポイントに気を付けてくださいね。

 

 

 

 

 

 

プレミアムウォーターでムダな電気代を発生させない3つのポイント

プレミアムウォーターの電気代をあげないポイント

 

電気代を安く抑えるポイント@直射日光の当たる場所に置かない

 

 

屋外で使うことはないと思いますけど、最近は室内が明るくなるように計算されて家を建てるケースが多いです。

 

 

 

サーバーに直射日光が当たってしまうと、サーバーが熱を持ち水温が上がってしまいます

 

 

冷水にするときの電力が余計にかかり、サーバー本体が熱を持つことで電気代が上がってしまいます。

 

 

 

サーバーは日光が直接あたらない場所に設置してくださいね。

 

 

 

電気代を安く抑えるポイントA室内温度の高い場所

 

 

直射日光が当たらないとしても、室温が高い場所での使用もNGです。

 

 

リビングやキッチンなど広い空間なら影響は少ないですが、部屋の中で使用している場合はエアコンやヒーターの影響は意外と受けやすいです。

 

 

 

サーバーが熱を持たない場所が必須なんですね。

 

 

 

 

電気代を安く抑えるポイントB壁や家具と近い場所

 

 

サーバーの設置場所として、家具のスキマや壁とくっつけて置くケースが多いです。

 

 

そうするとサーバーの熱が放熱できずに機器内の温度が上がり、電気代の上昇へとつながります。

 

 

 

定格の電気代で使うには、サーバーの後ろと側面に10cm以上の隙間をとるように設置しましょう。

 

 

 

 

 

3つのポイントは「サーバーに熱を持たせないこと」です。

 

 

置き場所を選ぶだけで消費電力を抑えられるので、そこさえ気を付ければほぼ定格通りの電気代で使えます。

 

 

 

 

 

プレミアムウォーターと他社ウォーターサーバーの電気代比較

 

 

プレミアムウォーターの電気代は他社のウォーターサーバーとどのくらい違うのか気になるところですよね。

 

 

 

各社の一番安い電気代のサーバーを一覧にすると次のようになります。

 

 

 

【ウォーターサーバー各社 1ヶ月の電気代】

ウォーターサーバー 電気代
プレミアムウォーター 約620円
コスモウォーター 約465円
フレシャス 約330円
うるのん 約390円
オーケンウォーター 約400円

 

 

 

電気代だけで見るとプレミアムウォーターはそれほど安くありません。

 

 

 

 

 

フレシャスと比べると倍くらいの電気代がかかっています。

 

 

そうなると、「フレシャスの方が安く利用できそう」と思いますよね。

 

 

 

 

ただし、電気代だけで考えてはいけません

 

 

 

実際にどの位の料金になるか、水代や電気代などを含めて1ヶ月にかかる金額を比べてみました。

 

 

 

 

 

プレミアムウォーターとフレシャスのトータル料金比較

プレミアムウォーターとフレシャスの料金比較

 

 

ウォーターサーバーの利用には電気代以外にも、

 

 

  • 水代
  • サーバーレンタル料
  • メンテナンス料

 

 

など、いろいろな項目がかかってきます。

 

 

 

 

電気代だけで見るとプレミアムウォーターは他社よりも高くなっていましたが、実はトータルで考えると意外な結果が出るんです。

 

 

フレシャスと比べると次のようになります。

 

 

 

 

【プレミアムウォーターとフレシャスの料金比較】

項目 プレミアムウォーター(スリムサーバーV) フレシャス(フレシャス デュオ)
水代 3,680円(24L) 4,623円(28.8L)
電気代 620円 330円
サーバーレンタル料 0円 500円
メンテナンス料 0円 0円
合計 4,300円 5,453円

 

 

 

 

フレシャスはウォーターパックを採用していて、1ヶ月28.8リットルの利用となります。

 

 

 

 

これを500ml分で計算してみると、

 

 

プレミアムウォーター:約77円
フレシャス:約80円

 

 

水代だけをとってもプレミアムウォーターの安いんですね。

 

 

 

 

つまりトータルで考えるとプレミアムウォーターは家計に負担をかけないウォーターサーバーということになります。

 

 

 

 

ちなみに電気ポットは月に600〜700円の電気代がかかるので、ポット代わりに使えて温水・冷水が使えるプレミアムウォーターは便利に使えます。

 

 

 

  • 非加熱処理でまろやかな口当たりの天然水が飲める
  • 何重もの検査をパスした安全な水で子供にも安心
  • スーパーでペットボトル水の買いだめをしなくていい
  • 温水・冷水がでるので赤ちゃんのミルクが1分で作れる
  • 災害時の備蓄水として備えておける

 

 

プレミアムウォーターなら子供から大人まで安心して飲めて、不便な生活を解消できますす。

 

 

 

電気代だけを抑えたいならおすすめできませんが、1ヶ月の負担が軽いウォーターサーバーを使いたい方にはおすすめです。

 

 

 

 

\1ヶ月トータル料金で安く利用できる/

※上記サイトでの申込に限り、もれなくQUOカードプレゼント中!